top of page
検索
  • 執筆者の写真学習塾 松本

英検ブログ 中学生は3級と準2級に早期合格可能です

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。

LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。

無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、

お気軽にお問合せください。



今回のテーマは、英検です。

一般的な中学生が取得するであろう3級と準2級に限定して記していきます。

主に高校生以上が対象となる2級~1級については別記事で触れたいと思います。


結論から申しますと、中2で3級、中3で準2級は

取り組み方さえ間違えなければ普通に取得できます。

簡単というほどでもありませんが、

ハイレベルな壁というわけでもありません。

単純に一定の努力量を求められるので、

それをこなせばいいだけです。

以下、中学生のうちに取得できているとよいであろう各級ごとのポイントについて

触れていきます。


3級

・「英単語」

 それほどやりこまなくてもなんとかなる。

 文法問題や長文問題、過去問に取り組む中で身についた単語で十分。

 単語帳をやりこむだとか、そういう取り組みは必須ではない。


・「文法」

 一番の優先課題です。

 3級で求められる文法の基礎をみっちりマスターしていってください。

 主な文法は以下の通りです。

 ・過去形

 ・助動詞

 ・不定詞

 ・受動態

 あたりを仕込んでいってください。

 その他にも文法事項として出題されるものはありますが、とりあえず上記のものが

 できていれば十分です。


・「リスニング」

 特別な訓練や対策は不要です。

 それよりも、文法理解や長文読解のレベルを上げたほうがいいでしょう。

 準2級まではリスニングは過去問に少し触れるだけで十分です。


・「英作文」

 英作文は、多少訓練が必要です。

 「主語」「動詞」「目的語」の概念は高校で習う範囲ですが、

 この際に学んでしまったほうが3級以上の英検を取得するのに役立ちます。

 この3つを抑えられていないと、英作文の回答で文法的な失点が多くなり、

 合格が安定しなくなります。

 英検は、リーディングとライティングで高得点を取って合格するのがセオリーです。

 重要視しましょう。


・「一般的な取得可能時期」

 中2夏~中2冬、中3春

 中2で、学校で習ってない範囲の文法がまだあるとしても、

 取り組み次第でそれほど負担なく合格可能です。



準2級

・「英単語」

学校の教科書や3級までの文法問題を通じて得た単語だけでは

 不足が目立つので、準2級用の単語帳を購入してやりこみましょう。


・「文法」

 こちらも、中学生の教科書だと不足する内容が目立つので、

 準2級用の文法参考書を購入しましょう。

 最近では質の良い準2級文法参考書がいくつか販売されています。

 ・現在完了

 ・関係代名詞

 は特にマスターしておきましょう。


・「リスニング」

 3級と同じく、準2級においてもリスニングの重要度は高くありません。

 リーディングやライティングを優先しましょう。

 それらを学ぶ過程で、リスニング力は自然と向上します。


・「英作文」

 訓練方法は3級と大して変わりません。

 参考書と過去問に記載されている英作文を全て解いておきましょう。

 相変わらず、「主語」「動詞」「目的語」の識別と用法を正しく守ることが

 英作文での失点を減らすことにつながります。

 これはどの級でも共通することですが、

 「難しい文法や単語を使う必要は全くない。むしろ使うな。シンプルに書け」

 の鉄則を守ってください。

 英作文はどのような試験であっても、そのほとんどが減点方式です。

 見栄を張って難しい文法を使ってみせても、それが評価されて得点が上がるということはありません。

 無難に、必要最低限の、基本的かつシンプルな英作文を心がけましょう。

 ミスをしないことが一番重要です。


・「一般的な取得可能次期」

 中3春~秋(高校入試に受かる余裕がありそうなら中3の1月に受験してもいいと思います)




補足ですが、当塾での中学生の英検合格実績も一部掲載いたします。

英検3級→中2冬合格 

英検準2級→中3春合格 

















英検は2級までは1次試験さえ通過してしまえば、 二次試験の面接対策に労力をそれほど必要としません。

一次さえ通ってしまえばこっちのものです。



内申点の向上だけでなく、

大学入試においても英検は評価対象になる機会が増えているので、

「どうせ英語なんか使わねえや」

などと思わずに地道にコツコツ勉強しておくことをお勧めします。




当塾では、独学の方法論を授けて塾生の実力を養成しています。

当然ながら、中学高校よりも効率はよく、本質的かつ進捗は早いです。

学校の勉強なんてものは集中してやれば1年程度で終わるようなものに過ぎません。

LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。

無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、

お気軽にお問合せください。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大学入試ブログ 英語学習でやるべき自問自答

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。 LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。 無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、 お気軽にお問合せください。 今回のテーマは、「英語学習において最も重要な基準」です。 文法問題集であれ、長文演習であれ、どの本においても 適用すべき「学習の基準」について触れていきます。 結論から申

大学入試ブログ 小論文の訓練方法 入門編

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。 LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。 無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、 お気軽にお問合せください。 今回のテーマは、要約技術です。 主に触れるのは、大学入試における小論文ですが、 これは中学生の作文においても共通する部分がありますので、ご一読をお勧めします。 結論から申

本質的学力ブログ 謙譲語と尊敬語を使える中学生に育ててください

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。 LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。 無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、 お気軽にお問合せください。 今回のテーマは、子供の言葉遣いの重要性です。 結論から申しますと、普段の言葉遣いで謙譲語や尊敬語をある程度使える子供は、 現時点で勉強の成績が芳しくないとしても、伸びしろ

bottom of page