LINEによる随時質疑応答(数学を例に)

塾生からのLINEの局所的な質問に対して
動画で応えたものなので、
部分的に説明が省略されています。
​動画を見ただけでは全容を把握できないかもしれませんが、塾生の質問にピンポイントで応えているためです。ご了承ください。

​動画編

​画像編

コンポ 1 (0-00-00-00).jpg
コンポ 2 (0-00-00-00).jpg
コンポ 3 (0-00-00-00).jpg
コンポ 4 (0-00-00-00).jpg

​当塾の指導システムの全容

当塾の指導システムは以下のような6部構成になります。

①個別解説
②独学上手になるためのトレーニング
③戦略立案
④いつでもLINE質疑応答
⑤・進捗管理
​⑥その他随時相談・ヒアリング・情報提供

以下、各項目について説明していきます。

​①個別解説

巷で言われている個別指導の形態を取っています。
問題演習を通じ、生徒のわからないところ、疑問点を詳しく解説し、
​要領や注意点を事細かに伝授します。

​②独学上手になるためのトレーニング

当塾では、塾生全員に独学を習得させます。
もちろん、塾生のほとんどが独学未経験者です。
しかし、当塾の独学の手ほどきを受けることによって、自発的に
学習を進める習慣とマインドが身につくようになります。
独学のやり方・コツ・要領は全て手取り足取り徹底的に
叩き込みます。

なぜ独学を叩き込むことをモットーにするのか。
それは、勉強というのは最終的に全て独学が基本ですし、
独学できる人が一番強いからです。
​裏を返すと、成績が悪い人は独学が下手です。
​成績を上げるには、独学上手になることが必須です。

​③戦略立案

受験生・非受験生を問わず、
​全ての塾生に対して各自に適した学習プランを立てます。
非受験生(中1・2、高1・2生)に対しても効果は大きいですが、
受験生(中3・高3生)に対しては特に効果を発揮します。
各塾生に、どの参考書と勉強法が最適か、日程は入試や模試から
逆算してどのような期間感覚で取り組むか、
その戦略を全て当塾が立案します。
勉強の方針を間違っていては、いい成果は得られません。
​最大の成果を上げられるように、最適な戦略を当塾がが提供します。

​④いつでもLINE質疑応答

当ページの冒頭にも掲載したような、
LINEを用いた質疑応答を当塾ではフル活用しています。
質問内容は何でもOKです。
学校の宿題・参考書の不明点・勉強方法・進路相談など
全てに返答します。
塾生が投げかける質問に対し、全て網羅的に、事細かに
返答するがゆえに、塾生の勉強へのモチベーションは
高まり、勉強への抵抗・負担も減っている実感があります。
「いつでも質問できる」ことがもたらす教育的効果は
​想像以上に大きいです。

​⑤進捗管理

当塾では、各塾生の進度をほったらかしにしません。
「この教科ではここまで完成した。次はあちらの領域を
 カバーしよう」
という具合に、塾生の実力が高まるように、
徹底的かつ効率的に進捗を管理します。

単に塾生がわからない問題に個別に解説するだけ、ただ解かせる
だけではなく、「この時期までにはこれを完成させる必要
がある」という具合に、合格までに必要なペースを
常に管理します。
経験に乏しい塾生が把握しづらい学習ペースやテンポ、リズムを
​要領・効率を熟知した当塾が徹底的にサポートします。

​⑥その他相談・ヒアリング・情報提供

当塾では、テキストを用いた実際の勉強以外にも多方面の相談に応じています。相談内容は多岐に渡ります。
体調問題・朝起きられない・部活関連・大学まで含めた進路相談
資格取得相談・高校、大学での過ごし方や戦略などです。

また、塾生に対するヒアリングも随時行っています。
塾側から聞き込んでみないとわからない部分が多々あり、
一見勉強と関係ないことが、意外と学力の向上の妨げに
なっていることは往々にしてあります。
そして、多くの場合、そのことに関して塾生は自覚がないことが
多いです。
無自覚な、問題のある領域を指摘することにより、それが
きっかけとなり飛躍できた例は多々あります。
勉強だけが成績の良し悪しの原因ではありません。
​学力は、もっと総合的な背景で成り立っています。
最後に、情報提供です。
塾長は、教えることが好きです。
もちろん、「ここは教えないほうが効果が高いな」と思う部分に
関してはあえて教えないこともあります。
ただ、「ここの要領や情報を与えればもっと開花するな」と
思う領域に関しては、持っている情報を全て提供します。
成長する姿を観測するのが純粋に面白いからです。
頼まれてもいないのにポンポン情報を提供します。
「これは塾長が子供の頃に知っておきたかった情報だ」
と思える情報は全て惜しみなく提供します。
早いうちに知っているか、知らないか。
​単純なことですが、人生の明暗はほとんどこれによって左右されます。
人生において最も重要なもの、それは情報・知識です。
​当塾では、最も重要なものを惜しみなく提供します。

お問い合わせはこちらまで
   narenare1209@gmail.com   080-4510-6937 
上記電話番号にスマートフォンのメッセージを
​ 送って頂いても結構です。
※メールで問い合わせ頂く際、稀にこちらからの返信が
受信できない   設定のご家庭があります。当塾からの返信が届かない場合は、gmail(無料)のアドレスで送信して頂くか、携帯電話にメッセージを
送って頂ければと思います。

松本学習塾の中学生指導カリキュラム
中学校のカリキュラムでは入試にほぼ完全に間に合わないので、当塾では入試に余裕を持って臨んでもらうために先取り学習を実施します。「学校よりも早く、しかもわかりやすく勉強範囲を終わらせる」ということです。

<数学>
  中1~中2 → 学校の進度がよほど遅いか、学校の先生の教え方がよほど下手でない限り、
         学校の進度と同じペースで進めます。
         それ以上を望む学生には実力に見合った課題を与えます。
中3の4月以降 → 学校の進度とは独自の日程で「早く、わかりやすく」進めます。
         具体的には以下のようになります。
         <基礎>→連立方程式・因数分解・2次方程式・平方根を全て早期に習得。
         <応用>→各種文章題・座標平面等を、マスターしやすい順に習得。
             なお、証明問題については学生自身の適性や好奇心も関わってきますので
             個人ごとに勉強量を調整します。
             極論、証明問題が解けなくても入試には受かるからです。

<英語>
  中1~中2 → こちらも数学と同様、よほど学校側の進捗に問題がない限りは
          学校の進度と同じペースで進めます。
         「もっと学びたい」という学生には、実力に応じて課題を与えます。
         英検で例えると、準2級や2級を目指す子にはそれに見合ったものを与えます。
中3の4月以降 → 英単語をきっちり叩き込みます。
         「英語が得意なんです」と語る学生も、基本的な英単語テストをさせたり
         長文を読ませると不明な単語が多いことがあるからです。
         他の英語の塾を兼用されている方でも、
         「なんでこんな基本的なことを習ってないんだろうな」と思わされることが多いです。
         単語も叩き込まないで英語が苦手と言うのはナンセンスです。
         英単語以降は、長文読解に入ります。
         入試問題を全て読めるように訓練するので、入試本番でも当然全て読めるようになります。
         その他英作文・リスニングについても入試レベルを基準に訓練します。
         ここで注意する必要があるのは、英検の勉強を頑張っても、
         それで入試対策が十分というわけではないということです。
         むしろ英検3級レベルだと穴が多いです。
         高校入試過去問のレベルを完璧にこなせるレベルで勉強してください。
         「英検頑張らせとけばええやろ」的な指導内容の塾が多い印象ですが、
         英検はあくまで英検です。高校入試でも大学入試でもありません。 

​※高校生・浪人生向け指導要綱に関しては現在工事中。
​完成までは、各種要領ページを参照して頂ければ幸いです。