top of page
検索
  • 執筆者の写真学習塾 松本

電験三種ブログ モチベーションは一人で保ちづらい人のほうが多い。

更新日:2023年11月20日

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。

LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。

無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、

お気軽にお問合せください。



今回のテーマは、電験対策はモチベーションが保ちづらい、です。


「そんなもん、何の勉強だって同じじゃないか」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、電験の場合は事情が特殊です。



なぜなら、他の記事でも書きましたが、


「参考書の教科書部分に書いてない方法で解く問題が多く、

 解説を読んでもよくわからないことが多くて萎えるから」


です。


初学者向けの本でも、完全マスターなどの網羅本でも、

何でもいいので、実際に解いてみて頂ければそれがわかります。


電験三種のほとんどの参考書は、教科書部分と問題集部分とに分かれています。

基本的な理論や公式が教科書部分に記載されており、

それを数ページこなした後に軽い練習問題があり、

一部の参考書においては、難易度をさらに上げた問題集部分が付録されています。


問題は、教科書部分と、問題集部分との乖離です。

早い話が、問題集部分の問題の解き方は、7割方、教科書部分に載っていません。

教科書部分に載っているのは、あくまで基本的な理論や公式に過ぎません。

ゆえに、過去問をメインに収録している問題集部分において、

基本的な部分を1段階か2段階越えたような難易度の問題が登場するわけですから、

教科書部分を読んだとしても解けないのは当然のことなのです。

ですが、これを「教科書部分は情報量が足りないから仕方がない」と思えるのは経験者だけです。


電験三種に初めて挑戦する方は、「仕方ない」とは思えず、

「この解説を理解できない自分には力がなく、電験三種には不適格なのではないか」

と心が折れるケースが多いようです。

これもまた自然なことです。

書いてあることが説明不足だったり、参照元がわからないようなものばかりでは、

やる気も失せるのが人情というものです。


ですが、ここで電験三種受験を諦めるのは非常にもったいないです。

なぜなら、モチベーションが保てないのはその人自身の問題というよりは、

「各問題ごとに限定的な解法しかない、あるいは説明不足」

が大前提になっている、電験の試験問題の構造が主な原因だからです。


当塾を始めとする、電験受験をサポートする各種サービスを活用されたほうがいいです。

経験者に質問してみれば、あっさり理解できてしまうということが世間には多々あります。

騙されたと思って一度試してみるべきだと思います。


ただのわかりづらい不親切な資格試験、それが電験三種だと割り切って、

プロセスは何であれ、さっさと合理的に取得してしまいましょー



わかりやすく説明し、解法の糸口をどう思考するかを端的に説明する能力については

当塾は一定の自負がありますが、これはどのサービスだろうと大差はないかと思われます。

ご自身のスタイルに合ったサービスを選択頂ければ、それが最適かと思われます。


是非、一冊の参考書で行き詰ったからと言ってそこで諦めず、

別の本も読んでみることをお勧めします。

勉強なんて、意外とそんなものなのですよー



当塾では、独学の方法論を授けて塾生の実力を養成しています。

当然ながら、中学高校よりも効率はよく、本質的かつ進捗は早いです。

学校の勉強なんてものは集中してやれば1年程度で終わるようなものに過ぎません。

LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。

無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、

お気軽にお問合せください。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大学入試ブログ 英語学習でやるべき自問自答

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。 LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。 無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、 お気軽にお問合せください。 今回のテーマは、「英語学習において最も重要な基準」です。 文法問題集であれ、長文演習であれ、どの本においても 適用すべき「学習の基準」について触れていきます。 結論から申

大学入試ブログ 小論文の訓練方法 入門編

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。 LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。 無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、 お気軽にお問合せください。 今回のテーマは、要約技術です。 主に触れるのは、大学入試における小論文ですが、 これは中学生の作文においても共通する部分がありますので、ご一読をお勧めします。 結論から申

Comments


bottom of page