top of page
検索
  • 執筆者の写真学習塾 松本

勉強時間の配分次第で成績は変わるという話

更新日:2022年5月25日

今回は、勉強に費やす時間配分について語ります。

受験勉強は、時間との闘いです。

時間効率を制すものだけが受験を制します。

ですが、この辺りの工夫や戦略については意外と置き去りにされています。

システマチックに時間運用を考えないと、自分の能力を引き出しきることはできません。

裏を返せば、自分の能力に多少の不安があったとしても、

時間の使い方さえ上手くなれば、能力の底上げもいくらか可能ということです。

具体的に数字に触れてみますと、

「1コマ90分+休憩30分」を1単位にしてください。

人によっては「1コマ60分+休憩20分」くらいのほうがいい場合もありますが、

基本的には90分で取り組んでください。

気分次第で「この教科はこれくらいやったから次の教科に移ろう」というのはやめたほうがいいです。

長い目で見れば、その手法では成果が出づらいです。

当たり前の話ではありますが、時間は、具体的な数字で管理してください。

「気分」「なんとなく」でやっていると、

その時間内で本当にいい結果が出ているのか、その検証ができないからです。

かっちり90分単位で勉強してください。

90分で1教科が原則です。


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大学入試ブログ 英語学習でやるべき自問自答

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。 LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。 無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、 お気軽にお問合せください。 今回のテーマは、「英語学習において最も重要な基準」です。 文法問題集であれ、長文演習であれ、どの本においても 適用すべき「学習の基準」について触れていきます。 結論から申

大学入試ブログ 小論文の訓練方法 入門編

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。 LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。 無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、 お気軽にお問合せください。 今回のテーマは、要約技術です。 主に触れるのは、大学入試における小論文ですが、 これは中学生の作文においても共通する部分がありますので、ご一読をお勧めします。 結論から申

bottom of page