top of page
検索
  • 執筆者の写真学習塾 松本

興譲館(山形県米沢市の進学校)の教育手法への違和感について語ります。

更新日:2022年5月25日

結論から言ってしまえば、

「解説が不十分な課題を大量に与えて学生の可処分時間を奪うのは間違った手法である」

です。

興譲館は宿題が多いです。

それ自体はいいのですが、問題は宿題の質です。

率直に言って、宿題の質が低いです。

これはレベルが高い問題であるとか、そういったことではなく、

「その問題を解かせて、どういう意味があるんだろう」

といった内容のものが多いです。

無暗にハイレベルなだけで必須事項でもなんでもない宿題だったり、

数学の解説が皆無で解答の数値だけが記載されている問題集など、です。

学校的には「自分の頭で考えるのが大事」ということなのでしょうが、

これは高校の学習、ひいては大学受験においては大間違いです。

確かに「自分の頭で考える」要素は重要なのですが、

その為の足掛かりとしての解説が少ないのは

「頭を鍛えるための訓練」としては下の下です。

理解を伴った暗記が重要なのは言うまでもありませんが、

しかし高校の学習範囲において今更「自分の頭でうんうん考えるのが大事」

なんてやってみたところで、それでは物理的に学習範囲自体を

高校3年間で終えることができません。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大学入試ブログ 英語学習でやるべき自問自答

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。 LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。 無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、 お気軽にお問合せください。 今回のテーマは、「英語学習において最も重要な基準」です。 文法問題集であれ、長文演習であれ、どの本においても 適用すべき「学習の基準」について触れていきます。 結論から申

大学入試ブログ 小論文の訓練方法 入門編

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。 LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。 無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、 お気軽にお問合せください。 今回のテーマは、要約技術です。 主に触れるのは、大学入試における小論文ですが、 これは中学生の作文においても共通する部分がありますので、ご一読をお勧めします。 結論から申

Comments


bottom of page