top of page
検索
  • 執筆者の写真学習塾 松本

大学入試ブログ 安定して地方国公立以上に受かりたいなら、英単語1,900語+派生語は最低限覚えたほうがいい

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。

LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。

無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、

お気軽にお問合せください。


今回のテーマは、英語学習の一環である英単語暗記についてです。

英単語の暗記は、英単語の暗記だけにとどまらず、

全教科の暗記に関わってきます。


結論から言うと、

「単語帳一冊分の英単語の暗記(約2000語)程度のことも徹底できない人は

 他の教科の暗記も徹底できない。ゆえにトータルな点数が高くもならず、

 安定もせず、共通テストで65%以上を求められる国公立大学には

 安定して合格しづらい」

です。


英語が苦手な学生は、非常に多いです。

興譲館の探求科の学生であろうが、偏差値70を超えている学生であろうが、

「英語が得意です」と自称して実際に点数も高い人間に

出会うことのほうが少ないです。

(「英語が得意です」と自己申告し、点数も高いが、

 単語や文法の暗記が徹底できていない人も多々見受けられます。)


英語が苦手、あるいは苦手意識があるというその背景は様々ありますが、

そもそもの話として、


「単語帳一冊分も暗記を徹底できていないのに、英語が得意も苦手もない」


のです。

最低限仕込むべき基礎知識も入れないで、

得意だとか苦手だとか、それすらも決めることができません。

やることをやった後で得意不得意を決めましょう。


国公立大学あるいは偏差値の高い私立大学を志望するのであれば、

この程度の処理作業は、多少いやいやながらでもこなしてください。


「興味がないから苦手」

「どうせ日本語しか話さないから」

「単純暗記がつらい」


これは


「勉強が苦手だから勉強したくない」


と考える人と、言っていることはほとんど変わりません。

所詮、自分の興味のあることや得意なことだけ頑張れるという意味では、

偏差値が高くない学生と同じです。

親からもらった地頭に甘えているだけとも言えます。

勉強が得意とか知的好奇心がある、勉強という処理作業に耐えられる自負が少しでもあるのなら、

「特に得意でもないことでも、多少の工夫と割り切りで処理してみせる」

こういったマインドを持ちましょう。

そういったマインドが持てないのであれば、

自分が得意なことしかできないのであれば、

それは

「勉強が苦手な人」

と同じです。

勉強に向いていません。


英単語帳一冊分の暗記は、


「所詮この程度の暗記量」


に過ぎません。

やるだけだからです。

才能も能力も、必要以上の根性や気合も要らない作業です。

何もかも根性や気合で乗り切れなどとは言いませんが、

多少の暗記テクニックや要領、自分なりの工夫で

「めんどくさしつまらない暗記」

も乗り越えてください。

当塾では、そういった勉強方法・要領について全て伝授します。

はてなブログや、当HP内の他の記事でも暗記法については触れています。


何度でも言いますが、

英単語帳一冊分の暗記なんて


「所詮この程度の暗記量」


です。

世の中には、もっとめんどくさくて、量が多い、役にも立たない暗記学習が

待ち受けています。

それに比べたら、英単語の暗記くらいはかわいいものです。

こういう考え方や思考の基準を持つ人は、

その後の人生でも楽に他人に勝てます。



当塾では、独学の方法論を授けて塾生の実力を養成しています。

当然ながら、中学高校よりも効率はよく、本質的かつ進捗は早いです。

学校の勉強なんてものは集中してやれば1年程度で終わるようなものに過ぎません。

LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。

無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、

お気軽にお問合せください。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大学入試ブログ 英語学習でやるべき自問自答

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。 LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。 無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、 お気軽にお問合せください。 今回のテーマは、「英語学習において最も重要な基準」です。 文法問題集であれ、長文演習であれ、どの本においても 適用すべき「学習の基準」について触れていきます。 結論から申

大学入試ブログ 小論文の訓練方法 入門編

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。 LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。 無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、 お気軽にお問合せください。 今回のテーマは、要約技術です。 主に触れるのは、大学入試における小論文ですが、 これは中学生の作文においても共通する部分がありますので、ご一読をお勧めします。 結論から申

bottom of page