top of page
検索
  • 執筆者の写真学習塾 松本

英単語を一語一義で1000個覚えた後にやるべきこと

更新日:2022年5月25日

英単語を、単語帳を利用してまずは一語一義で1000個覚えましょう。

この場合の一語一義とは、単語一つにつきメインの意味一つだけまずは覚える、という意味です。

まずは1000個覚える段階をクリアしてください。

この段階をクリアして初めて、共通テストのリーディングに取り組む下地ができます。

今回語る「1000語以後」は、共通テストをさらに速く読めるレベルを目指します。

やることは単純です。

一語一義ではなく、一語多義に取り組むのです。

要するに、単語に記載されている意味を全て覚えるのです。

覚えるなら、全てです。中途半端でやめるのが一番駄目です。

ここで言う「全て」とは「二義、三義、類義語、派生語などのとにかく全て」です。


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大学入試ブログ 英語学習でやるべき自問自答

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。 LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。 無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、 お気軽にお問合せください。 今回のテーマは、「英語学習において最も重要な基準」です。 文法問題集であれ、長文演習であれ、どの本においても 適用すべき「学習の基準」について触れていきます。 結論から申

大学入試ブログ 小論文の訓練方法 入門編

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。 LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。 無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、 お気軽にお問合せください。 今回のテーマは、要約技術です。 主に触れるのは、大学入試における小論文ですが、 これは中学生の作文においても共通する部分がありますので、ご一読をお勧めします。 結論から申

Commenti


bottom of page