top of page
検索
  • 執筆者の写真学習塾 松本

進学校からの宿題が非常に多い場合の対策

更新日:2022年5月25日

今回は、高校(進学校)からの課題が多すぎる問題について語ります。

結論から申しますと、そんなものに付き合う必要はないです。

高校からの課題というのは8割方受験には有効ではありません。

むしろ受験生の時間を無暗に奪うという点では弊害しかありません。

受験生はとにかく時間がありません。

実力が高い受験生ほど、早い時期(2年生の3月頃)には

「このままだと時間が足りないかも」と危機感を抱くものです。

その感覚は至極真っ当なものです。

一方、学校が課してくる課題は受験生の危機感とは裏腹に、

受験用の実力が上がるもの、として洗練されたものではありません。

偏差値や志望校ごとに的が絞られた問題内容というわけでもなく、

無暗に量ばかり多いというのがほとんどの高校の実情です。

これは当然のことで、学校は集団の平均水準を保つ教育を与える場所であって

学生の潜在能力を引き出しきる受験のプロがいるわけではないからです。

学校は学生生活を送る場であって、受験を請け負っている空間ではありません。

本来、受験は学校の管轄外なのです。

こんなことを言ってはなんですが、大学受験を控えた学生は学校からの課題は全て答えを丸写しして提出して独学の時間を確保することに努めてください。

効果の薄いものに付き合う必要はありません。

「学校からの宿題が多くて受験勉強の時間が取れなくて落ちました」

というのは最悪です。



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大学入試ブログ 英語学習でやるべき自問自答

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。 LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。 無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、 お気軽にお問合せください。 今回のテーマは、「英語学習において最も重要な基準」です。 文法問題集であれ、長文演習であれ、どの本においても 適用すべき「学習の基準」について触れていきます。 結論から申

大学入試ブログ 小論文の訓練方法 入門編

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。 LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。 無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、 お気軽にお問合せください。 今回のテーマは、要約技術です。 主に触れるのは、大学入試における小論文ですが、 これは中学生の作文においても共通する部分がありますので、ご一読をお勧めします。 結論から申

Komentarze


bottom of page