検索
  • 学習塾 松本

進学校からの宿題が非常に多い場合の対策

更新日:16 時間前

今回は、高校(進学校)からの課題が多すぎる問題について語ります。

結論から申しますと、そんなものに付き合う必要はないです。

高校からの課題というのは8割方受験には有効ではありません。

むしろ受験生の時間を無暗に奪うという点では弊害しかありません。

受験生はとにかく時間がありません。

実力が高い受験生ほど、早い時期(2年生の3月頃)には

「このままだと時間が足りないかも」と危機感を抱くものです。

その感覚は至極真っ当なものです。

一方、学校が課してくる課題は受験生の危機感とは裏腹に、

受験用の実力が上がるもの、として洗練されたものではありません。

偏差値や志望校ごとに的が絞られた問題内容というわけでもなく、

無暗に量ばかり多いというのがほとんどの高校の実情です。

これは当然のことで、学校は集団の平均水準を保つ教育を与える場所であって

学生の潜在能力を引き出しきる受験のプロがいるわけではないからです。

学校は学生生活を送る場であって、受験を請け負っている空間ではありません。

本来、受験は学校の管轄外なのです。

こんなことを言ってはなんですが、大学受験を控えた学生は学校からの課題は全て答えを丸写しして提出して独学の時間を確保することに努めてください。

効果の薄いものに付き合う必要はありません。

「学校からの宿題が多くて受験勉強の時間が取れなくて落ちました」

というのは最悪です。



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今回は、数学の実力の正体について語ってみたいと思います。 数学の実力とは、ずばり反射神経です。 問題の文章を見た瞬間に、 「どんな作業をやるべきか」その概要がある程度想像できるということです。 他の教科も実は同じなのですが、 数学においては特に反射神経が重要です。 反射神経を鍛えるにはどうすればいいか。 「こういう問題が来たらこういう作業をする」 というセッティング、システムを自分なりに作り上げ、

今回は、国公立大学と私立大学の学費とそれにまつわる家計の話について語ります。 家計的なことを考慮すると、やはり「子供には国公立大学に行ってほしい」 と相談されるご家庭が多い印象です。 私立大学でも全然いいよ、と言えるご家庭は少数派であると言えます。 ざっくりとした金額を述べると、以下のようになります。 国公立大学の学費→半年25万円前後、年間50万円前後、4年間で200万円 私立大学の学費 →半年

今回は、興譲館の成績が進路を考える上で重要か否かについて語ります。 結論から言って、ほぼ無関係です。 「興譲館で成績が悪い」≒「それがそのまま志望大学への合格確率につながる」 ということはほぼありません。 これはなぜか。 答えはシンプルで、興譲館の指導システムは問題が多く、 それゆえにその成績が悪いということは、生徒の問題というよりは 学校側の不手際であり、生徒の責任ではありません。 ですから、興