検索
  • 学習塾 松本

高校数学の実力の正体

更新日:5月18日

今回は、数学の実力の正体について語ってみたいと思います。

数学の実力とは、ずばり反射神経です。

問題の文章を見た瞬間に、

「どんな作業をやるべきか」その概要がある程度想像できるということです。

他の教科も実は同じなのですが、

数学においては特に反射神経が重要です。

反射神経を鍛えるにはどうすればいいか。

「こういう問題が来たらこういう作業をする」

というセッティング、システムを自分なりに作り上げ、

それを「見た瞬間に想像できるレベル」まで反復訓練することです。

反射神経を、反復訓練によって強化するということです。

この視点は、意外と数学教育においては見落とされています。

「自分の頭で考えなさい」

「わからなくても自分の頭で考え続けるのが大事」

が効果を発揮するのは、中学の数学までです。

本当は中学の数学においても反射訓練が重要なのですが、

しかし「頭を使ってうんうん考えてみる」作業にも一定の効果はありますし、

高校以後は暗記中心の学習になることもあるので、

中学までは立ち止まってうんうん考える学習法をやっておくのも一理あるかと思います。

高校数学においては、立ち止まってうんうん考えているヒマはありません。

こなさなければならない学習量が中学とは段違いだからです。


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今回は、英語の発音や学び方、読み方について語ります。 結論から言うと、カタカナ読みで全く問題ありません。 読みづらい単語、意味を覚えづらい単語は、 みっともないくらいカタカナ丸出しで読みがなをふって書き込んでください。 学校の英語の先生あたりに言わせると、 「そういう学び方ではいつまで経っても正しい英語の実力がつきませんよ」 的なことを仰るかもしれませんが、大学受験レベルにおいては全く問題ありませ

今回は、数学の実力の正体について触れてみたいと思います。 一般的には、 「数学ができる人は、元々直感的な理解力やひらめきがある特別な人」 「なんとなくで解ける人」 というイメージがあり、ある種才能があるかどうかでのみ語られることが多いかと思います。 確かに、そういった天才肌の数学が得意な人種というのは一定数存在します。 しかし、それはあくまで例外的な存在というか、ごく少数な部類に入ります。 では、

勉強とは自分の頭でうんうん考えこむものではなく、解説をすぐ読んで理解すること 今回は、勉強という作業に対する考え方について記します。 巷でよく言われることかもしれませんが、 「勉強はわからないからと言ってすぐに答えを見ずに、 長い時間をかけても自分の頭で考え続けることが大事。 それが学力向上につながる」 という言説が存在します。 私も学生当時、学校の先生から言われた記憶があります。 しかし、長じる