top of page
検索
  • 執筆者の写真学習塾 松本

内職のススメ・無駄な授業から離脱せよ

更新日:2022年5月25日

今回は授業中の内職の是非について語ります。


結論から申しますと「ばんばん内職してください」です。

勉強に対するモチベーションが高い学生の方は、授業に無理に付き合う必要はありません。

先生に怒られないような、見つからない形を工夫して自分の勉強を進めてください。

先生に気を遣うのと、自分の将来を天秤にかけた時にどちらが重要であるかは

火を見るよりも明らかだと思います。

また、内職をしないと物理的に勉強量も時間も足りません。

学校の進度はとにかく遅いのです。

学校のカリキュラムは受験生用に組まれたものではなく

「広く一般に平均的な水準の教育を大多数に与えるためのもの」です。

ひらたく言ってしまえば

「学力が中くらいの子を仮定して作られたカリキュラム」です。

だから3年間をかけて、3年の終わりごろにギリギリ全ての範囲が終わるスケジュールになっているのです。

受験はそれでは絶対に勝てません。

また、受験生用に補講やら特別課題を課す学校は多いと思いますが、

それもあまり有用な内容でないことが多いです。

大体が「遅いし、的が外れている」授業や課題であることが多いです。

ですので、少しでも学校に対して「このままじゃヤバイんじゃないかな」と思った方は

今すぐ学校の授業や課題からうまく離脱してください。

内職したり、課題をテキトーにこなして提出して時間を節約してください。

学校に付き合っているヒマは受験生にはありません。



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大学入試ブログ 英語学習でやるべき自問自答

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。 LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。 無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、 お気軽にお問合せください。 今回のテーマは、「英語学習において最も重要な基準」です。 文法問題集であれ、長文演習であれ、どの本においても 適用すべき「学習の基準」について触れていきます。 結論から申

大学入試ブログ 小論文の訓練方法 入門編

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。 LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。 無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、 お気軽にお問合せください。 今回のテーマは、要約技術です。 主に触れるのは、大学入試における小論文ですが、 これは中学生の作文においても共通する部分がありますので、ご一読をお勧めします。 結論から申

Comments


bottom of page