top of page
検索
  • 執筆者の写真学習塾 松本

塾生の失敗に対して怒るか、という話。

更新日:2022年5月25日

結論から言うと、怒りません。

いちいち怒っているヒマがあったらその時間を、間違った問題の知識や理論を

覚えさせることに割り当てます。

しかし、全く怒らないかと言うとそうでもありません。

当塾で叱責が発生する状況は明確に決められています。

それは「やるべきことをやらなかった時」です。

「あなたが掲げている目標のためにはこれくらいの努力が必要だよと

 具体的に明示し、宿題を課したにも関わらず、

 あなたはそれをやってこなかった。

 目標に見合う努力をしていないのなら志望校のランクを下げるべき」

おおよそこういったような叱責を飛ばします。

「やるべきなのにやらなかった」

これに対しては厳しく叱責します。

嘘つきの人は志望校に合格できません。

「自分が掲げた目標に見合った努力を実行し続けられる人」

だけが受験に勝てます。

「目標≒努力量」この方程式を維持できない人は

目標(志望校)のランクを下げるか、努力量を上げるかのどちらかしかありません。


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大学入試ブログ 英語学習でやるべき自問自答

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。 LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。 無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、 お気軽にお問合せください。 今回のテーマは、「英語学習において最も重要な基準」です。 文法問題集であれ、長文演習であれ、どの本においても 適用すべき「学習の基準」について触れていきます。 結論から申

大学入試ブログ 小論文の訓練方法 入門編

山形県のオンライン・通塾両対応の学習塾、伝説の松本学習塾です。 LINEを用いた随時質問対応、進捗管理を通じて塾生の受験対策に貢献します。 無料オンライン受験相談・無料体験学習を実施しておりますので、 お気軽にお問合せください。 今回のテーマは、要約技術です。 主に触れるのは、大学入試における小論文ですが、 これは中学生の作文においても共通する部分がありますので、ご一読をお勧めします。 結論から申

Comments


bottom of page